にほたもるのブログ

にほたもるがゲームなどについて気ままに書くブログです。

【Blender 2.8】陰面処理のショートカット

どうも。お久しぶりです。
前回の記事が1年以上前^^; サボってすみません。はい。

さて、今回は、モデリングについてのお話です。
私はBlenderを使っています。このBlenderで、オブジェクトの編集をしていると、オブジェクトに隠れている裏面を編集したくなります。このオブジェクトに隠れている面の処理のことを陰面処理と言ったり言わなかったりするらしいです。

f:id:nihotamor:20190829182941p:plain
さて、この陰面処理、画面上のアイコンからクリックでオンオフを切り替えることができます。これを切り替えて裏面を選択するわけですね。ですがこれ、いちいちアイコンをクリックしていたらマウスを動かしまくってもう大変!ということで、ショートカットキーに設定する方法があります。

Blender 2.7時代で参考にしていたサイトは、こちらです。
blogs.yahoo.co.jp

簡単にまとめると、
設定を開き、「入力」→「3Dビュー」→「メッシュ」を順に開く。
f:id:nihotamor:20190829183413p:plain
一番下の「Add New」をクリックし、noenと書かれているところに「wm.context_toggle」と入力する。
f:id:nihotamor:20190829183616p:plain
右側のキー設定で、登録したいキーを入力する。アトリビュートの欄に、「space_data.use_occlude_geometry」と入力する。
f:id:nihotamor:20190829184654p:plain

これで、登録したキーを押すと陰面処理のオンオフをワンタッチで切り替えるようになるわけです。
f:id:nihotamor:20190829185118g:plain

さて、2.8でも登録しよ~っと。

あれ?登録できんぞ!メッシュの下の方に行ってもAdd Newボタンがないじゃないか!!
f:id:nihotamor:20190829185310p:plain
心配ご無用。Mesh(Global)を開けば下の方に登録ボタンがあります。
f:id:nihotamor:20190829185441p:plain
f:id:nihotamor:20190829185455p:plain

なんだ、そんなことか。全くBlenderちゃん、変わったなら言ってくれればいいのに~。
さて、登録も終わったし早速使ってみよう。

f:id:nihotamor:20190829185626p:plain
は?

何事?!機能が使えないだけではなく、よくわからんエラーログが出たんだけど!!
これは罪じゃ!許されんぞBlender

…というわけにもいかないので、原因究明を。陰面処理用のボタンにマウスオーバーしてみます。
f:id:nihotamor:20190829185832p:plain
f:id:nihotamor:20190829190004p:plain
あれ?よく見てみたら、2.7には

Python: SpaceView3D.use_occlude_geometry
bpy.data.screens["Default"] . . . use_occlude_geometry

2.8には

Python: View3DShading.show_xray
bpy.data.screens["Layout"].shading.show_xray

と書かれている…これはもしや?

アトリビュートの欄に、「space_data.shading.show_xray」と書き込んだら…
いけた!
f:id:nihotamor:20190829190615g:plain

なるほど、バージョンが上がってキーが変わっていたのね。

ちなみに、2.8ではこの機能のことを透過表示というらしいですね。

ともあれ、これで安心してBlender2.8に移行できる。
この一件がわからないばっかりに、半年以上Blenderのアップデートができずに悩んでいたのよね。日本語はおろか、英語でも記事が少なくてどれを参考にすればいいかわからなかったけど、ログを詳しく見たら案外すんなり行けて満足です。これからは2.8で新機能も取り入れながらモデリングができるね。